Kankenのケア方法 – NEWS Kankenのケア方法 | NEWS | フェールラーベン | FJALLRAVEN | 日本公式webサイト

Premium Reseller

Kankenのケア方法

 

 

お気に入りのバックパックをより長く使っていただくために
 

 

Kankenが世界中でこんなに愛される理由は正直私たちにもはっきりとはわかりません。豊富なカラーバリエーション、持ちやすく使いやすい形、
長い間かけて作り出された雰囲気、おそらくそのすべてを組み合わせたものなのかもしれません。その理由はなんにしても、Kankenは私たちのバックパックの中で一番人気のバックとなりました。
もっと言うと、すべての商品のなかでもっとも有名で人気のアイテムとなりました。

 

Kankenは、1978年に販売開始されてからほとんど変わっていません。現在では、サイズとカラーが増え、G1000 Heavy Duty素材を使ったより重厚なKanken No.2や、2016年には11本のペットボトルで出来るリサイクル素材のRe-Kankenが仲間入りしました。
それでもデザインはほとんど変わりがありません。

 

@pernillenygard
 

 

Kankenは長く使い続けられるように作られています。Kankenオリジナルにはビニロン素材を採用、Kanken No.2にはG-1000 Heavy duty素材を採用し、摩擦や引き裂きに非常に強い仕様となっています。それでも壊れないわけではありません。
より長くKankenを愛用してもらうためには適切なケアが必要となります。
お気に入りのバックパックをより長く使ってもらうためのコツをご紹介します。

 

 

Kankenのケア方法


 

 

 

Kankenの鮮やかな色あいを実現するために特別な染色技術を使っています。そのため、色落ちや衣服、特に薄い色の衣服への色移りの可能性があります。使用前にぬるま湯で軽く洗うか、やわらかいブラシを使って表面をブラッシングすることをお勧めします。
また、背負う前には完全に乾いているかをご確認ください。

 

洗濯機では洗わないでください。やわらかいブラシかスポンジを使ってぬるま湯で汚れを取り除いてください。

 

Kankenに荷物を入れすぎないようにしてください。Kankenはサイズの取り揃えも豊富です。
持ち運ぶ荷物が多い場合は大きめのサイズのモデルをお選びください。Kankenオリジナルの容量は16Lで、最大許容重量は設けていませんが、荷物の収納は数キロまでにしてください。また、パソコンをKankenオリジナルに入れて持ち運ばないでください。シートパッドの入っているバックポケットは書類などは収容できますが、パソコンの収納には向いていません。ストラップやジッパーに余分な力が加わり破損の原因となります。

 

ジッパーに関してですが、もしジッパーが動かなくなった場合はむやみに強く引っ張らないでください。ジッパーにほんの少しのオイルを付けるか、透明のリップクリームを塗ってから優しく開閉してみてください。

 

生地に傷を見つけた場合はすぐに修理してください。放置したままにすると傷が広がり修理が難しくなります。

 

直射日光に当て続けないでください。色あせが起こるおそれがあります。とくに収納する際は直射日光の当たらない場所で保管してください。

 

 

@wavethatstranger