『第6回3月18日(日)カンケン持ってハイキング!早春の鎌倉ツアー』レポート – NEWS 『第6回3月18日(日)カンケン持ってハイキング!早春の鎌倉ツアー』レポート | NEWS | フェールラーベン | FJALLRAVEN | 日本公式webサイト

『第6回3月18日(日)カンケン持ってハイキング!早春の鎌倉ツアー』レポート

今年最初のハイキングツアーは海と山に囲まれた自然豊かな鎌倉で開催しました。
3月中旬ということで、桜が咲く手前のちょうど木蓮の花が満開の時期。
長く続いていた寒さも緩み、まさにこれから春を迎える季節の山歩きとなりました。
今回のガイドはキャンプから登山までアウトドア全般に詳しい鳥海良二さん。
日頃はアウトドアシューズのアンバサダーをされている鳥海さんに、靴の履き方や山の歩き方などを教えてもらいながら、鎌倉の自然を満喫してきました。

 

今回の集合は逗子駅。ここからバスに乗って名越切通方面へ向かいます。歩き出す前に、ほどけにくい靴ひもの結び方を教わりました。

 

鎌倉には七つの重要な切通(鎌倉七切通)があり、今回訪れた名越はその一つです。
切通とは山の稜線を切り開いて作った道のことで、三方を山に囲まれた鎌倉では戦略上の重要な意味合いがあったようです。
名越切通は鎌倉から三浦半島へ抜ける道。人がひとり通れるくらいの幅のところもありました。

 

次はまんだら堂やぐら群へ。ここはいつでも見られるわけではなく、期間限定で公開される遺構(国指定史跡)です。
現在150以上の穴と多くのやぐらが確認されています。

全体を見下ろせる高台でボランティアガイドさんの説明もありました。
木蓮の花がちょうど見頃!

 

次はトレイルの下りを利用して、鳥海さんによる「山の下り方」講座です。

 

さらに先に進んで、「お猿畠の大切岸」と呼ばれる場所へ。長さ800m以上にわたる人工的な崖です。かつての石切り場の跡とのこと。

 

山道から少し外れて急な階段状の道を上がると、海が見える場所に到着しました!小さな高台で、地元ではパノラマ台と呼ばれています。
江の島や箱根外輪山がよく見えました。

 

ぽかぽか陽気の中、さらに先へ進みます。ほんの一瞬ですが、富士山の姿を見ることもできました。

 

本日の最高所、衣張山に到着です!

 

山頂直下に石切り場跡がありました。奥は洞窟のように真っ暗です。
蝙蝠とかが出てきそうな雰囲気ですが、怖いもの見たさでどんどん奥まで進んでしまう勇敢な参加者のみなさん(笑)。

 

ハイキングコースを下りて、雪ノ下方面へと鎌倉の街を歩きます。さらに進むと鎌倉一の観光名所、鶴岡八幡宮へ。さすがに多くの人で賑わっていました。

 

鶴岡八幡宮から鎌倉駅の西口へと向かいます。西口から徒歩2分の場所に、フェールラーベンと同じスウェーデンのブランド「Morakniv」などを輸入しているUPI OUTDOOR PRODUCTSの直営店があります。こちらで特別にスウェーデンコーヒーを淹れてもらうスケジュールでした。

アドバイザー寒川一さんによるブッシュクラフト入門のスタート!
やかんで煮出して作る美味しいコーヒーの出来上がりです。

 


UPI Outdoor 鎌倉ではフェールラーベンの商品も取り扱っていただいております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください!
https://www.facebook.com/upioutdoorkamakura/

 

ツアーにご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!
これからも、「Love of Nature」を合言葉に、自然に触れる、自然に親しむ、自然と遊ぶイベントを開催いたします。
しかも毎回異なるテーマのツアー企画に挑戦中です。趣味も嗜好も異なる個性的な皆様のより多くの方にご参加いただけるよう頑張ります。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。