『第14回 4月14日(日)小山田緑地で春の植物観察&フィーカ』レポート – event / field 『第14回4月14日(日)小山田緑地で春の植物観察&フィーカ』レポート | event/field | フェールラーベン | FJALLRAVEN | 日本公式webサイト

Premium Reseller

『第14回 4月14日(日)小山田緑地で春の植物観察&フィーカ』レポート

ちょうど1年ぶりの開催となった春の植物観察会。今回も森林インストラクターの瀧浪さんを講師にお招きして、町田市北西部の小山田緑地でじっくりと植物観察を楽しみました。今年は寒い日が続いていたので、昨年と比べると植物たちにとっては少し遅い春の訪れだったように思います。ちょうど桜の花が散り、樹木は若葉が出始めたタイミングでの観察会。まさにこれから春本番を迎える小山田の自然を満喫する1日となりました。

 

まずは小山田緑地本園にある池の周囲の植物観察からスタートです。池の脇には木道が敷かれていて、樹木や花を近くで見ることができます。

 

イチリンソウの群落!白い花が可愛いですね。

 

 

植物は目で楽しむだけでなく、香りや触感などの情報も付随すると記憶に残るもの。ここではクロモジの香りを嗅いでみました。

 


上を見上げたり、

 


下を見たり。

 


小さな花を写真に収めるのも楽しみのひとつ。

 


こんなに小さな花も発見!

 


黄色い花にはてんとう虫が遊びに来ていました。てんとう虫は幸運を運んでくれる虫と言われています。春の訪れとともに、何かいいことがありそうな予感!?

 

 


ランチタイムは瀧浪さんを囲んでスウェーデンにまつわるお話をお聞きしました。瀧浪さんはスウェーデンで暮らした経験があり、スウェーデンの自然に関して詳しいのはもちろんですが、女性の社会的立場など生活に根差したお話もご紹介いただけるのがとても興味深いです。参加者の皆さんの中でも北欧文化に興味のある方が多くいらっしゃって、いろんな分野で先進的な北欧スタイルが注目の的でした。

 


ランチの後、森の中をさらに進みます。冬芽の観察もできました!

 


昨年に引き続き今年も見ることができたシダーローズ(ヒマラヤ杉の松ぼっくり)。

 


里山の美しさを皆さんで。土地の開発も重要ではありますが、古くから営まれている生活を持続できるような社会のあり方も大切だなぁとしみじみ思いました。日本には里山という美しい宝物がたくさんありますから。

 

 


こちらは春に咲くリンドウ。

 


青い空とたんぽぽの群落。気持ちがいいですね。

 

 

 

 


ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました!みなさんとても勉強熱心で、真剣に講師の説明を聞いてくださいました。

小山田緑地は小田急線、京王線沿線にお住まいの方には行きやすい場所かと思いますので、ご興味ある方はぜひ足を運んでいただければと思います。

 

フェールラーベンクラブは、
「Love of Nature」を合言葉に、毎回異なるテーマのツアーを続々企画中です。
お気軽にご参加ください。お待ちしております!

——————————————————————————————–

【現在、こちらのツアーを募集開始しております!】
■FJALLRAVEN×上市町コラボ企画
5月25日(土)~26日(日)霊峰剱岳の麓・上市町
~地元山岳会がご案内する祈りの里トレッキングツアー~  
1泊2日(旅館泊)

詳しくはこちら!
http://fjallraven.jp/news/2019/03/27/2502/

——————————————————————————————–