『第7回 4月14日(土)小山田緑地で春の植物観察&フィーカ』レポート – NEWS 『第7回4月14日(土)小山田緑地で春の植物観察&フィーカ』レポート | NEWS | フェールラーベン | FJALLRAVEN | 日本公式webサイト

『第7回 4月14日(土)小山田緑地で春の植物観察&フィーカ』レポート

 

今回のフェールラーベンクラブは、都心からすぐ近く。舞台は町田市北西部にある都立小山田緑地でした。
寒かった冬から、春の訪れを全身で感じさせてくれるほのぼのツアーとなりました。

 

 

今回のガイドは、スウェーデンで暮らした経験のある森林インストラクターの瀧浪さん。
今まで何の気なしに通り過ぎてしまうような植物たちや鳥の鳴き方から鳥の名前や特徴など、親切・丁寧におしえていただきました。

 

 

ここは、一歩踏み込むと、綺麗な花々や昆虫たちが待ちに待った春を楽しんでいる感じがします。

 


 



 

詳しくなればなるほど、どんどん興味深々。

 

 

立派なケヤキの木。手前にはかわいらしい実生がありました。そんな発見もなんだか感動します。

 




 

トンボ池を通過。さすが、トンボ池、春にいるトンボ「シオヤトンボ」がいました。

 





 

綺麗な竹林も通過。

 

 

こちらは、シダーローズ(ヒマラヤ杉の松ぼっくり)。とっても綺麗です。

 


 

アザサ池で、フィーカ。
フィーカは、北欧(特にスウェーデン)の文化で、お茶をしながら仲間たちとゆっくり語らう時間。とっても贅沢なひとときです。
ガイドの瀧浪さんのスウェーデンでの乗馬森林ツアーのお話を聞いて、スウェーデンにますます行きたくなりました。

 


 

吊り橋も渡って、とても面白いコースです。

 






 

ここでは、ニリンソウとイチリンソウの二つが両方見れました。

 

 

いかがでしたでしょうか。
豊かな自然をこんなにも手軽に満喫できるなんて、とっても贅沢なひと時でした。
植物の知識ももう少しわかっていれば、もっと日々の生活が潤って感じることがたくさんありそうです。

 

今回ご紹介しきれなかった植物たちですが、
コナラ/ハリギリ/ホオノキ/タチツボスミレ/エゴノキ/タンポポ/ミツバツチグリ/ヤマザクラ/モミの木/サワラ/ニワトコ/サルトリイバラ/ハリギリ/アラカシ/コマユミ/イロハミミジ/イヌワラビ/オニノゲシ/ギシギシ/アカネ/ヤマブキ/カラスノエンドウ/ハコベ/ムラサキケマン/カキドウシ/ドウダンツツジ/クワ/スズメノヤリ/フデリンドウ/イヌザクラ/ヒマラヤスギ/クサボケ/クロモジ/オオジシバリ/アサザ/ショカッサイ/シャガ/フタリシズカ/ホウチャクソウ/ツタウルシ/ノイチゴ/キンラ/ジュウウニヒトエ/チゴユリ/シュンラン/ミズキ/クサノオウ/キュウリグサ/ネムノキ/ナガバノスミレサイシン/カツラ/クマザサ/スギナ/カンゾウ
など・・・
本当にたくさんの植物を楽しむことができます。
みなさまもぜひ足を運んで春を満喫してみてくださいね。

 

フェールラーベンクラブは、
「Love of Nature」を合言葉に、毎回異なるテーマのツアーを続々企画中です。
お気軽にご参加くださいね。お待ちしております!

 

——————————————————————————————–


【第8回・第9回の応募開始しております!】
詳しくはこちら

 

■ 第8回 FJALLRAVEN CLUB
5月20日(日)荒井裕介さんに学ぶロングトレイルのための軽量術講座

 

■ 第9回 FJALLRAVEN CLUB
6月9日(土)~10日(日)「北軽井沢の森ではじめてのテント泊」テントを担いで歩いてみよう!

 

——————————————————————————————–