Keb Jacket W

Keb Jacket  W
Material
  • G-1000
  • PFC-free_impregnation
  • Organic_cotton
Color Dark Garnet 356
Size AMAL
Size Guide
¥42,120 (税込)

考え抜かれたエルゴノミクスデザイン

磨耗などによる耐久性が必要なところは強靭なG-1000素材を用い、動きの激しくなるとことにはストレッチ素材を使用したジャケット。
重いザックを背負って歩くと熱くなったカラダからは大量の汗が噴き出し、衣服内で結露します。結露はカラダを濡らし冷やすことにつながり大きな疲弊をよびます。それは透湿性・速乾性の優れた高機能衣料を身につけても必ずおきます。そこでケブジャケットは、両サイドに他社ではみられない大きな通風口を設けてあります。ザックを背負ったままでもジッパーで簡単に開けられます。

縫う
丈夫で長持ちこそがフェールラーベンの誇りです。それはジャケットの裏の縫い方を見れば一目瞭然です。一度、布の縁をかがり縫いした後、巻込んでその上からさらに二度ミシンをかけています。

コードの爪
コードの先にも機能的なデザインが施しました。一見、コードがほぐれないように爪がついているだけ見えますが、この爪は取り外しが可能です。余分なコードが外にでないように長さを調整できます。

ジッパータグ
フェールラーベンのブランドコンセプトである北極キツネのマークのついた大きなジッパータグ。革製にすることで、手袋をしても滑らないで簡単に開けることができます。

ストームフード
フードは前後に長いデザインですが、突風、豪雨でもフードで視界を遮ることはありません。なぜなら、前頭部、前後、左右の三箇所にあるアジャスターによってしっかり頭部を包み込んで固定できるからです。また最前部は自由自在にカタチを変えられるように中芯が入っています。正面から突風を受けてもカタチが変わらず新しい身体の機能の一部として働きます。

世界最強の素材G-1000
G-1000は、1966年極寒グリーンランド遠征メンバーのフィードバックにより生まれた素材。当初はテントの軽量化を図る目的で開発されたもので、ポリエステル65%と綿35%の割合で高密度に織上げられたものです。真夏から真冬、熱帯から極寒、昼夜寒暖差、すべての気候に対応できるのがG-1000の最大の特徴。四季があり、寒暖差があり、湿度は高く、しかも南北に長い日本のフィールドにはベストチョイス。しかも経年による風合いをデニムのように味わえます。

グリーンランドワックス
G-1000の特徴は、濡れると綿が水分で膨らみ自助努力によって防水と防風効果が高くなることにあります。しかし、長時間の暴風雨には耐えることができません。そこで考案されたのが、蜜蝋とパラフィンの化合物を生地に含浸させることでした。
「ポリエステル65%と綿35%の生地」と「蜜蝋とパラフィンの化合ワックスの含浸」のふたつのアイデアは、飛躍的に「軽量化」「耐久性」「摩耗性」「防水性」「透湿性」「適応性」を伸張させ、その強さは1966年以降の無数の冒険で実証されています。
グリーンランドワックスは誰でもカンタンに含浸でき、ベトつきやにおいは一切ありません。

商品番号
89126
素材
G-1000® Eco: 65% polyester, 35% cotton, Stretch: 63% polyamide, 26% polyester, 11% elastane
重量
700g in size S